保護したウォンバットたちが所せましと動き回るウォンバットおばさんの店

オーストラリアにあるウォンバットの生息地、タスマニア州フリンダーズ島には、「ウォンバッドおばさん」の相性で親しまれている女性がいる。
ここで雑貨屋さんを営むケイト・ムーニーさんは、孤児となったウォンバットを保護しては野生に帰す活動をしている。ムーニーさんはつい先日も、母親を亡 くし孤児となったウォンバットのデレクを助けた。ビーチをよちよち歩く彼の動画はたちまち話題となったが、彼が元気になったのもムーニーさんの尽力のたま ものなのである。

出典:カラパイア「http://karapaia.livedoor.biz/
記事URL:http://karapaia.livedoor.biz/archives/52215076.html

関連記事

ピックアップ記事

  1. なんというおりこうさんな犬たちなのだろう。訓練された4匹の犬は家に入る前に一列に並び、飼い主に足を拭…
  2. ロシアを拠点に活動する写真家アレクサンドラ・ボチカリョーワは、赤毛やそばかすを持つ人を被写体にした幻…
  3. 2016年も衝撃的な出来事や悲惨なニュースが報じられたが、どんな年であろうとも困っている立場にあるも…
  4. 南米ベネズエラ、ギアナ高地にある世界最大級の滝「エンジェルフォール」は979mという世界最大の落差を…
  5. 「それほど難しいことじゃない」という意味の英語で、“It’s not rocket science!…
  6. 中国には、偽ブランドバッグや時計、海賊盤DVDなど、様々なコピー商品が出回っているのは世界中に知れ渡…
  7. うまい具合にしっぽりと納まった、几帳面さんにはたまらないアングルの写真がまとめられていた。もちろん狙…
  8. 見ているだけでクラックラするし、一歩間違えばさよなら人類ってなことになるにもかかわらず、超高層ビルの…
  9. サモエド犬のレクシーさん。彼女は飼い主が寝てると悲しくなってしまうそうで、控えめに、すごく控えめに飼…
  10. 気が付かないうちに我が家の写真もグーグルのストリートビューに撮影されていたわけで、世界中の地図を写真…

制作事例

instagram

ページ上部へ戻る