コピー商品はもちろんのことコスト削減の為か開けてびっくり玉手箱めいた商品もあるようだ。これらは当たりなのかはずれなのか?ちょっと混乱してしまったわけだがとにかく見ていくことにしよう。

 

出典:カラパイア「http://karapaia.livedoor.biz/
記事URL:http://karapaia.livedoor.biz/archives/52199224.html